脇の脱毛方法と良い脱毛方法

投稿日:

自分で脇の脱毛をするときは毛抜きを使う人も多いですよね。毛抜きは安く買えるし、そうなかなか買い換えるものでもありません。自宅で一人でできるのも魅力ですよね。

 

自宅でのワキ脱毛でやってはいけないNG

ですが1本1本時間をかけて抜いた後もすぐにまた生えてくるので、面倒くさくなってきて結局カミソリで一気に剃ってしまうことも。カミソリでの処理を繰り返していると、脇の黒ずみが目立つようになってきて、気づいたときにはもう手遅れの状態になっていることが多く、後悔してしまう人も多いんです。

黒ずみの原因は物理的な刺激で肌に負担がかかっていることだといわれています。カミソリは肌表面の角質も剃っているので、しばらくすると皮膚が固くなって色素沈着が起こります。

できてしまった黒ずみはなかなかとれないんですよね。皮膚科の医師の話によると、元の完全な状態に戻すには、脱毛をやめて安静を保っても3ヶ月から半年はかかるそうです。

脱毛で黒ずみを抑えるには脱毛を違う方法で行うか、永久脱毛してしまうことなどがあります。処理を繰り返さないことが一番ですが、永久脱毛には針やレーザーなどがあり刺激がまったく無いわけではないので、事前にしっかり調べて自分に合った一番刺激の少ない脱毛を行うことが大切です。

 

良い脱毛方法はなに?

個人でできる脱毛で一般的に良く使われるのが毛抜きとカミソリです。カミソリは肌への負担が大きいといわれていて、表面に生えているものを途中からそり落としているだけなので、数日経つと残りの毛が表面に現れてきます。

剃った部分の毛の断面が広くなるので、毛が太くなってみえることもありますよね。そうするとその度に繰り返し使うので肌への負担が日々積み重なっていきます。

毛抜きもまた、実は肌への負担が大きい処理方法です。1本1本処理をするので、肌への直接のダメージは少なく見られがちですが、実は毛穴の中に負担が大きくかかっています。

毛を引っ張るときに毛穴の中の汗腺や発毛組織も一緒に引っ張られるので炎症も起こしやすいのです。炎症を起こして膿ができたり、それが汗と混ざって悪臭の原因になることさえあるんです。特に脇のような皮膚の薄い部分では表面に毛穴が突き出たまま戻らなく、鳥肌のようなブツブツの肌になってしまうことも。

最近では敏感肌の人のための低刺激脱毛というものもあります。エステサロンなどでも扱われる光脱毛の一種で、弱い照射力でもしっかり脱毛することができます。

脱毛後は炎症を抑えるためのアフターケアもしっかりしているので、こういった脱毛の専門店を利用することもおすすめです。

Copyright© ビューティーオープナー【ジェル付】の口コミ:NHKで騒がれて卵殻膜に期待しすぎ→悪評なのかな? , 2019 All Rights Reserved.